☆Ride onメンバーのうちのこ設定用まとめwiki☆自由に追加してね。このwikiの内容は全てフィクションです。

土腐 挧蟐彁




「私は存在したい!誰かに認められたい!ここに居てもいいよって言ってもらいたいだけなの!!!」
「まりちゃんもいま〜す!」
「おろかちゃんすきぃ〜〜♥️」
「私の一番大事な人。愛してます。埜呂麻くん。」

設定

名前:土腐 挧蟐彁(どぐされ まり)
年齢:18歳
性別:女性
職業:奥さん兼女子高生、祟神
身長:160cm
体重:ひみつ❤

好きなもの:埜呂麻くん愚花ちゃん
苦手なもの:刃物、深夜、雷雨、久遠

一人称:わたし
二人称:あなた
三人称:あの人
人物
下町高校に通う花の心霊系女子高生。
ミステリアスな容貌とふわふわした雰囲気が同居する不思議な女の子。
実は幽霊だったが、受肉している為殆ど人間と変わらない。
ただし身体は自由自在に変化出来るし、怪物の様な容姿になる事も出来る。
が、あまり可愛くないのであまりなりたくはない。

"挧蟐彁"と書いて"まりちゃん"と読むが、最近は結婚して名字がついたので、これを機に"まりちゃん"、もしくは"まり"と読めるように改名した。

深層

正体

外見
日本人形の様に整った容姿と黒い長髪を持つ。
一見淑やかそうな見た目に見えるものの、髪のインナーカラーは血の様に赤く、愚花と同じ部分にユブラピアスと付けている。
地雷女好きは気をつけた方が良い。

技・特殊能力
愚花の四肢の維持に妖力の9割を使用している為、例外的に人間として活動出来る。

関連呪術

武器など

略歴
臣豆頁村にて神社が建立、水子供養で祀られる。



殺生石が臣豆頁村に持ち込まれ、邪気に侵食される。



愚花が村へ訪れる。気になって一緒に着いていく。



愚花が凄惨な目に会い続け、辛苦を共にする内に彼女の気持ちに同調していく。



来たる花散りし四月十九日。愚花が殺される寸前に力を貸し、彼女を牢から脱出させる。
最終的に刹那 久遠に取り込み掛けられるが、愚花と力を合わせこれを撃退。
以後は彼女と共に施設へ住み込み、二人で生活を謳歌している。



ペットショップでアルバイト。
よくわかんない生物を売りさばいた。



観光バスガイドのアルバイト。
なんだかんだ自分も観光先で遊んだ。
アルバートが孤児院に寄付した5億円で趣味の悪い像を買った。



洋菓子屋でアルバイト。
廃棄品のチョコを食べたらなんだか身体がおかしくなった。



第4の壁外の影響を色濃く受けてしまう性質上、最近は地雷女ムーブを頻繁に行っている。



また、クリスマスパーティを開いたものの、誰も来てくれなくてわんわん泣いてしまった。
が、日時を誤っていただけであり、後日ちゃんとクリスマスパーティは開いて貰えた。



バレンタインデーに大量に本命チョコをバラまく作戦だったが、地雷女を恐れた目敏い男子諸兄に尽く逃げられ無事失敗。
がっくりと落ち込むも、孤児院の皆の為に余ったチョコでチョコレートファウンテンパーティを開こうと奮起。
もう少しで完成!という所でバランスを崩し、チョコレートファウンテンをひっくり返してしまう。
当然先生らからはバチ怒られるし、エンジュからは煽られ、流石のまりちゃんも枕を涙で濡らした。



学校からの帰宅途中に倒れ、意識不明になる。



死亡したかに思われたが、火葬の直前に蘇生。
それからは人が変わったかのように八方美人な性格となり、老若男女から慕われていた。



が、それの正体は魂の抜けたまりちゃんの肉体に入った別の何かだった。
当のまりちゃんはというと、幽体離脱して何の因果か冥婚の赤封筒に取り憑いていた。



それを運悪く土腐 埜呂麻が拾ってしまう。
今がチャンスだと言わんばかりに押しに弱そうな彼に対して冥婚猛アタックを仕掛け、無事契り結ぶ。



その流れでヤバいマカロン屋さんにつれて行き、地雷ムーブでコトに及ぼうとするが、
意外とそれを拒まれなかった事で冷静になってしまい、急に恥じらいを持った生娘の様になってしまった。
(今までは大体デートに誘った時点で地雷臭を察されて裂けられてしまっていた為、慣れていなかったのが敗因。残念!)



土腐 埜呂麻のwikiを見てニヤける。
あと因みに愚劣手 愚花のクローンというのもそれ見て気付いた。
びっくりしすぎてベッドから転げ落ちた。
とはいえスキなヒト×スキなヒトなので、テンパりが止まらない。



■❤■❤■❤■❤■❤■

ある日、「もにすた」なるAV監督から呪いのアダルトビデオが届く。


目の前で、最愛の人が大いに傷付けられて心が壊れかける。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

キャラクター設定

きゃむ

ちょん

てを

きりや

フリーエリア

どなたでも編集できます