☆Ride onメンバーのうちのこ設定用まとめwiki☆自由に追加してね。

荒金 一誠




設定

名前:荒金 一誠
年齢:21
性別:男
職業:NEET

好きなもの:おふとん・自室
嫌いなもの:外の世界・人

一人称:ぼく
二人称:あなた
三人称:あのひと
人物
下町産まれ下町育ちで家はごくごく一般的な家庭。父と母、そして4つ上の兄がいる。
ある日唐突に一誠は「きりやかいと」と言う自分ではない青年として非現実的な現象に巻き込まれてしまった。その後、その時の体験がトラウマで引きこもりになり高校中退。
3年たった現在も毎日部屋に引きこもり、ネトゲかSNSで愚痴を投稿する生活。
出来のいい兄と自分を比べられる日々にうんざりしていた一誠はある日父親と大喧嘩した。その結果父親に家を追い出され勘当されてしまう。
その後半年ほど橋の下や公園など点々としながらしばらくホームレス生活をした。
しかし半年前、海外で仕事していると思っていた兄と再会。
正直顔も見たくなかったが兄は自分に何があったのか全部知っているようで黙って自分のマンションの鍵と住所が書かれたメモを手渡してきた。
最初は川にでも投げ捨ててやろうかとも思ったが行くアテもなければ金もない、1週間後、1か月後自分がどうなってるかも想像できない暮らしにはうんざりしていた一誠は仕方なく兄のマンションに足を運んだ。
部屋に入るとリビングのテーブルにメモ書きがあった。
そこには「俺が帰ってくるのは週に1〜2回程度だ。その間だれも部屋にいないのは流石に物騒だろ?だから何もしなくたっていい。ただ家にいてくれないか?P.S部屋は好きに使ってくれていい。一誠の部屋はリビングから見て左の部屋だ。」
と書き残されていた。
部屋に入ると実家の自分の部屋にあったものがすべてその部屋に移されていた。
複雑な気分ではあるが今現在一誠は兄のマンションの一室で暮らしている。
外見
髪はボサボサ・毎日夜遅くまでネトゲをしているため目の下にはクマが目立つ
部屋で座ってる時間が長いため猫背が目立つ
身長:168
体重:50
技・特殊能力
・《自己暗示》:成功すれば次の技能成功値を15%上げる
・ホートスコピー
鏡写しとの対話:SANを1、MPを1消費して発動。
鏡の人格、ホートスコピー(猟奇的な人格)と、少時間(戦闘中は3ラウンド)のみ人格を入れ替える。

鏡の別人格
習得呪文は元人格を引き継ぐ。
戦闘技能に+10%。ダメージボーナスを1d4追加する。
一時的発狂した場合、自動的に「他殺・殺人癖」を発症する。
不定の狂気の場合、無性に生物を傷つけないと落ち着かない「猟奇」を発症する。
武器など
なし
略歴
下町産まれ下町育ち

下町高校中退

父親に勘当される

半年間ホームレス

兄の家で引きこもり生活中←現在

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

キャラクター設定

ちょん

てを

刀牙


【メニュー編集】

フリーエリア

どなたでも編集できます