☆Ride onメンバーのうちのこ設定用まとめwiki☆自由に追加してね。このwikiの内容は全てフィクションです。

愚劣手 愚花





「ダイジョブです。寝たら治ります。」
挧蟐彁はわたしの友達。挧蟐彁はわたしのお姉ちゃん。挧蟐彁はここにいていいの。」
「死なない…!絶対…!」
「いいよ挧蟐彁。わたしの身体、好きに使って。」
石丸さん、大丈夫ですか?」

設定

名前:愚劣手 愚花(ぐれつで おろか)
年齢:17歳
性別:女
職業:女子高生、Evilでアルバイト中
身長:154cm(挧蟐彁之四肢込)
体重:46kg

好きなもの:挧蟐彁(まりちゃん)、孤児院の人達、ボーリング
嫌いなもの:命を粗末にする人

一人称:わたし
二人称:あなた
三人称:あの人
人物
朗らかな性格をした下町高校に通う女子高生。
人が良く、頼まれたら断れないタイプ。
過去の出来事から多少世間知らずなところがあり、周りと感性がズレている部分があったりする。

幼少期、父親とピクニックに向かっていた際に那須の山奥に存在する限界集落、臣豆頁村に立ち寄ってしまい、
久遠の邪気に晒されて狂信者と化している村民及び自らの父親に捕らえられ、約10年間の間、監禁、拷問(四肢切断等)、強姦の限りを尽くされた過去を持つ。
臣豆頁村での監禁生活で唯一自分の味方であり心の拠り所となっていた水子(この世に生を受ける前に亡くなった者の事)の霊、挧蟐彁(まりちゃん/名前は愚花がつけた)と辛苦を共にし、自分達の「生きたい」という想いを踏みにじろうとする人間に対しての恨み辛みや復讐心を募らせ、それを糧に彼女と一つになる事で村から脱出する。
脱出時、挧蟐彁と同じく力を取り戻していた手負いの久遠と対峙し、これを撃退。
そのまま意識を失うが、臣豆頁村消失事件で現場調査に訪れていた化弥魔 利奈化弥魔 潤によって救出され、今は彼らの居る孤児院で挧蟐彁と共に暖かい人達に囲まれながら、楽しく生活を謳歌している。

救出後直ぐは車椅子生活を余儀なくされていたが挧蟐彁の力が回復してきたことで現在の愚花の手足は彼女の力によって補われている。
挧蟐彁とは姉妹のような関係を築いており、挧蟐彁のことを「お姉ちゃん」と呼ぶこともある。
学校やアルバイトの時間以外は挧蟐彁と楽しく過ごしている。

車椅子生活をしていた際にお世話になった藤波 帖の事を信頼しており、お世話になったお返しにお仕事の手伝いがしたいと、彼の経営する「よろず屋 Evil」にアルバイトとして通っている。
が実は自分と同じく世間知らずな部分がある事に親近感を感じ、お互いの知っている娯楽を共有する事を楽しく思っている。

孤児院の化弥魔利奈、行く先でよく出会うゼロアルバート達のことを尊敬しており、特異な容姿の自分にも分け隔てなく接してくれる事に感謝している。
外見
綺麗な黒髪ボブをした少女。
赤いインナーカラーは監禁事件後に挧蟐彁に合わせて染めてもらった。
四肢は挧蟐彁によって補われており、色は赤く継ぎ接ぎだらけ。
口蓋垂(喉ちんこ)にあたる部分にユブラピアス(AF:挧蟐彁之口蓋垂装身具)を着用している。
技・特殊能力
武器など
略歴
みずご
人数:一人
推奨:目星、図書館等、SAN値
時間:ボイセで1〜3時間程
傾向:R-18G、拷問クローズド
HO:貴方は後天的に四肢を切断された。貴方は生まれた事に恨み・後悔がある。貴方は女性だ。


商店街の福引で豪華客船の搭乗券に当選。
当時は車椅子生活だった為ヘルパーさんと乗る予定だったが、手違いでヘルパーさんが乗船出来なくなってしまい、その場にいたよろず屋の藤波 帖に移動のお世話を頼む事に。その後事故に巻き込まれ危険な目に遭うが、周囲の助けもあり無事生還。
以来、や、船上で出会ったゼロとは縁あってか頻繁に行動を共にしている。

月日が経ち挧蟐彁の力が徐々に回復。
挧蟐彁に四肢を補ってもらい、2人で仲良く手を繋いで外出するようになる。

見知らぬ部屋でお菓子作りをお願いされる。
経験もなかったので緊張気味だったけど、みんなで試行錯誤しながらお菓子を作るのは楽しかった。
たくさん練習して上手になったら孤児院のみんなに振る舞いたい。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

キャラクター設定

きゃむ

ちょん

てを

フリーエリア

どなたでも編集できます